Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ■出来事 > ■car LIFE

あちゃ~

んばんわ~

だいぶ時間空きましたね・・・・
サボっていたわけじゃないです。沖縄に家族で旅行行っていたわけであります^^

楽しい家族旅行のはずなんですが・・・・・


家を出てバスに乗り、電車に乗り、モノレールと乗り継ぎやっと伊丹空港に到着したんです。

「さあー今から沖縄行っちゃうよ~」なんて浮かれていました。


飛行機は定刻通り離陸♪
そして定刻通り着陸♪台風13号のおかげで雨が降ってきました・・・・

そして久々の那覇空港に到着~☆


友達が迎えに来てくれていました

早速荷物を車に載せて嫁さんと子供二人を後部座席で。ろーパパは助手席に乗り込みいざ!!


空港からの片側二車線の見通しのいい幹線道路。
雨は降っているが交通量も少なく快調でした・・・・・

そして・・・・・・サーキットの魔物・・・ではなく、交差点の魔物に招待されました・・・・

信号機のある交差点。前方は青信号、1台目の前を対向車が右折していきました。
と同時に友達は左のミラーをチラリ。
 (車線変更?)と思いながら前方に目をやると、なぜかもう1台右折し始めました!!

しかし、こちらはすでに交差点に進入しかかった状態で時速は約50km~!!!

相手が無理な事に気付き停止!!しかし交差点の真ん中、しかもこちらの車の進路をふさぐ形で!!

その瞬間からろーパパは景色がモノクロに変わりスローモーションに!!
(あっ!!ぶつかる!!絶対回避無理!!)そう思ってから・・・あれっ?

ぶつからない??時間が止まった??と感じました・・・

しかしスローで助手席のエアバックが開くのが見え、エアバックがモコモコと膨らみ始めろーパパの顔
にかかった瞬間

『ガッシャーン!!!!!!!!!!!!』

現実の時間に戻りました・・・

われに返ったろーパパはまずガラスが割れていないか確認すぐ運転席の方を見ると友達がハンドルに寄りかかった状態でした。
 すぐに「うぅ~」と声が。死んでないと判断した瞬間に友達の事は忘れてしまい後部座席に目をやると・・!!!!!

なんと子供たちはチャイルドシートがないために普通にシートベルトをしていたのですが、衝撃ですり抜けてしまい4歳1歳共にシート下にうずくまっていて、嫁さんが覆いかぶさっているではありませんか!!


『大丈夫か!!』

そう叫んだ後すぐに回りに車が来ていないか確認してドアを開けて外に・・・外・・・って・・・あれ?
開かない!!

どうやらフェンダーが食い込んでいるみたいでドアが開きません!!ろーパパは内側からドアをけり倒して何とかドアをこじ開けて後ろのドアを開けて家族全員を外に。

場所が沖縄なだけに場所が特定できず、友達に救急車を呼んでもらうように声を掛けました。

子供と嫁さんを確認して、意識レベルがあるかどうかを確認。友達も何とか救出し、自力で歩けそうでホッと。
 相手のドライバーさんも歩み寄ってきましたがかなり動揺の様子。友達がいきなりぶち切れモードに突入しましたが、とりあえず幹線道路の真ん中での立ち話は後続車に引かれる二次災害がやばいので、『全員歩道へ移動しろ!!』と。

家族を歩道に誘導した時にフッと気付いたんです。

あれ?嫁さんの胸元に血が・・・・

嫁に『おい!!おまえ痛いところあるか!?手や足は曲げ伸びできるか?胸の辺り血が出てるぞ!!痛ないんか?』
   『う・・・うん・・・な・な・なん・でこ・ん・な・・ことに。。。』とおびえている。

そりゃそうだ。しかしこの血は・・・と1歳の子供を抱いていたので場所的には後頭部・・・まっ・・まさか!!
予感は的中してしまいました。1歳の子供の後頭部に裂傷。しかも6~7cm程の!!

つい嫁さんの前で『あかんっ!!頭が』と言ってしまいそれを聞いた嫁さんは子供の頭を見た瞬間・・・


パニックになってしまい、ろーパパの声が聞こえなくなってしまいました。

そこに追い討ちのように大雨が振り出し。。。

長男を嫁さんの手を握らせろーパパはとりあえず車に戻りトランクケースからありったけのタオルとバスタオルをとってきて、嫁さんと子供をくるみました。

 1歳の子供の傷をよく見てみると出血はほぼ収まり、皮膚が綺麗に切れていました。頭蓋骨は見えず頭を触っても陥没の様子もない、意識レベルはしっかりしている。顔面は蒼白まではなっておらず、痙攣や痺れもに受けられない、長男は手足は自由に曲げ伸びが出来、意識もはっきりしている。受け答えも大丈夫でしたし長男次男ともに脈拍も回数ありましたので、少しろーパパは冷静にホッとなりました。


が、嫁さんはそうは行かない!!
『子供が死ぬ!』と叫び続けていました。無理もないです。嫁さんの両肩をつかみ、
『子供は大丈夫!死なない!今お前にできる事は子供をしっかりと抱いて体温を下げさすなよ!!』
とだけ言い、通行中の車の運転手に助けを求めました。

『ありったけのタオルや毛布貸してください!お願いします!後カサも貸してください!』
そうこうしている間に若い夫婦がカサを貸してくれました、
『ありがとう』といい開けようとしたら、あ・・・開かないっ!!(こんな時にボケかましてる場合か!!)
と真剣に思いましたが何とか無理やり開けると・・・あかちゃん・・用?(こんなオチいらんがな!)
その時は真剣におもいました・・・
とそこに琉球バスの運転手さんがビニールカサを持ってきてくれました^^ほんまにおおきに!!

と振り返れば若い奥さんが『何かお手伝いできますか?』と毛布を片手に走ってきてくれて、泣きじゃくる嫁さんと放心状態の子供たちのために毛布を掛けてくれ、嫁さんをずーっと勇気づけてくれていました^^
この時ホントに助かりました^^お名前もお聞きできないままでしたが。

その間当事者二人には交通整備してもらいました。かなりの野次馬が出て交通渋滞になりそうだった為です。
それでもまだとろとろ走るアホがいたのでろーパパが切れているとダンプカーのお兄さんが他の車を威圧してくれたおかげで、野次馬が消えました。(事故があったら野次馬ではなく積極的に助けてあげましょう。ろーパパはかなり助けられました)

救急車は8分後に来ましたがかなり遅く感じました。その後搬送先で家族全員ERIとCTとレントゲンを取りましたが、全員異常が見つからず今はホッとしています。

いろいろありましたが、ろーパパだけが事故った時はなんとも気にしないというか、冷静になるのですが、身内が怪我をした時はかなり周りの人が助けてくれたおかげで、ろーパパは冷静に対処できたし適切な判断を下せたんじゃないかなと思います。

その後の旅行は台無しになりましたが、普段チャイルドシートはかなりうるさく言っていたろーパパだけに、今回の事故はろーパパのアサハカな考えと危機レベルの低下が一番の原因と思い今は反省のみです。

今は大阪に帰ってきて家族元気になりました。普段と変わらない風景画一番幸せなんですね。

長々と読んでいただきありがとうございました。
また遊びにいらしてください☆
スポンサーサイト

テーマ : 交通事故    ジャンル : 車・バイク

  « エンジンオイルについて。  憧れ♪アストロ☆ »

Comments

• 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

08 | 09  (2017) | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Ryo

Author:Ryo
みなさん こんにちは‼︎(o^^o)
車とバイクとアウトドアが好きで出来る事は何でもDIYするパパです(o^^o)
日々DIY勉強中の身でありますので良かったら覗いてコメントでもいただけるととってもうれしいです(^0^)
DIYに関することを軸にUPしていきますので、どうぞよろしくおねがいします^^

■当ブログはリンクフリーになっておりますので、リンクご希望の方はコメント欄にメッセージを残してもらうなどしていただければ、こちらもリンクさせていただきますので、よろしくお願いいたします^^

■また、記事内の工賃や交換方法は必ず保障できるものではございません、実際とは異なる事もありますので各自 安全第一にて作業を行ってくださいますようご了承よろしくお願いいたします^^;。

RISE BOX accseeries








FC2カウンター
フリーエリア
 
QRコード
QR
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。