Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ■車 > ■メンテナンス

エンジンオイルについて。

ンテナンスと言えば??


真っ先に思い浮かぶのがエンジンオイルの交換ではないでしょうか?

そんな当たり前のエンジンオイルですが、意外とあまりよく分かっていない人がいるものです。


良かったら参考にしてみてください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ンジンオイルの交換はどれぐらいの期間で交換しています?

よく聞くのは3000kmと聞きますが、あまりそこまで神経質にしなくてもいいと思います。


メーカー指定はあまり知られていないかもしれませんが1万kmなんです^^。

結構知らなかった方が多いんじゃないでしょうか?


たオイルにも種類があります。うっかり間違うとエンジンを壊す事になりますので、よく見てから買ってください。

オイルには4サイクル、2サイクルとあります。

4サイクルとはいわゆる潤滑オイルで2サイクルとは燃焼オイルになります。

昔の原付やジムニーなどは2サイクルでしたので、オイルを補充していくタイプのオイルです。

今日は4サイクルエンジンのガソリン用エンジンオイルについてです

■エンジンオイルとは

エンジンオイルはエンジン内部の摩擦を防ぎエンジンの保護のしています。
【冷却】【潤滑】【洗浄】【密封】になります。

■冷却とは

エンジンは常に高温にさらされているものですからオイルがエンジン内部に回る事によりエンジンの熱を下げている役割を持ちます。(実際はラジエターからの冷却水がエンジンに周りその冷めた熱をエンジンオイルが受け取りその冷めた熱でエンジンブロック全体を冷ましているのです)

■潤滑とは

簡単に言うと焼肉なんかで油を引かなければ鉄板にこびりついてしまいますよね。それと同じ役割です。

■洗浄とは

オイル交換したときに出るオイルは黒っぽくなっていますよね。それはエンジンから出た摩擦による鉄粉やススなどエンジン内部に付いた汚れをエンジンオイルが油膜になり洗い落としてくれるのです。

■密封とは

エンジンが動くと言う事は、ナノ、ミクロレベルで隙間があるため動いています。その隙間をエンジンオイルが埋める事により、磨耗を防ぎ(潤滑)エンジン出力ロスを軽減してくれるのです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ンジンオイルにも種類があります。

カー用品店などに行くと、値段にかなりばらつきガある事がわかります。4リッター千円~一万円をこ

してくるオイルも。なぜこんなに違うかと言うと、車と同じでオイルも高級?とそこそこ?とあります。

あまりこの表現は好きませんが、要するにレクサスと軽自動車は値段が違うのと同じなのです。

その種類はこのように分かれます。


■100%化学合成油とは

その名の通り一から科学的に酸化しにくい物質を取り出し合成させたオイルです。
料理で言えばオリーブオイル(2番絞り)のようにおいしいとこだけ取り出したオイルの事です。
手間がかかる=コストが掛かるため高額になりますが、真夏や真冬でも温度変化が少なく、粘度変化も少なく、酸化しにくいのが特徴です。3リッター以上の高排気エンジンやターボモデルなどのスポーツモデルなんかはぴったりでしょう。

■部分合成油

これは鉱物油と100%化学合成油をブレンドしたものです。
性能的には中間と言うよりは鉱物油よりはまし程度でしょう。実際は合成油は2~3割しか含まれていないからだそうです。

■鉱物油

いわゆる原油から生成されたものです。
原油からな為不純物が含まれているため、温度変化に弱くまた粘度変化も起こるために酸化しやすく油膜切れを起こしやすいのです。加工がかんたんな為に工作用オイルとしていろいろな分野に使われています。


種類は分かりました?
ただ勘違いしないで欲しいので、補足ですがどの車種にもどの排気量にも3タイプのオイルは使用可能です!。(ディーゼル用とガソリン用は間違えないでください)
軽自動車に合成油でも壊れませんし、4リッタークラスに鉱物油を入れても壊れる事はまずありませんので。

 話が戻りますが3000kmの交換を指示しているのが鉱物油なのです。
特にターボ車などはタービンが高温になりやすい為、エンジンオイルが老化するスピードが速いので化学合成油がお勧めと言うことです☆

次に先ほど述べた粘度のことです。
簡単に言えば粘り気がどれぐらいかと言う事です。
水とハチミツ。どちらがかき混ぜやすいですか?ということです。大人が混ぜるのと子供が混ぜるのでは、明らかに子供のほうがしんどいですよね☆
エンジンオイルにも同じことが起きます。非力なエンジンに高性能のかなり粘り気があるエンジンオイルではかえって燃費の悪化や加速性能の減少になります。
逆に高出力エンジンにさらさらの軽自動車オイルを入れるとエンジンの力が大きい為、油膜切れなど油膜切れの原因になります。
 分かりやすく言えば、何か重たいものを持とうとして思ったよりかなり軽く勢いよく持ち上がってびっくりした事・・・・と言えば経験あるんではないでしょうか?そんな状態になります。
その粘度についてです。

■粘度とは

アメリカ自動車技術協会が基準値を設けています。SAEといいオイル缶などに10w-40などと書かれているはずです。0~20Wがあり、その後ろにつづく30~50数字が続いてきます。
これは数値が低いほど粘度が低く寒冷地仕様です。0W-50(ありませんが)などは使用範囲が広い事を指します。基本は10W-30がほとんどです。
また缶にはSH~SLまで書かれています。Lに近づくほど高性能オイル(グレード)がアップしていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ろいろ書いていきましたが、どうですか?知らない事もあったんではないでしょうか?

最初のメーカーの1万km指定は100%化学合成油のSLを使えば1万kmまで大丈夫と言うのです。

でも高いし・・・と思いでしょうが、3000kmに交換する安い鉱物油は1万kmまでに3回以上交換が必要になりますので、見方によったら逆に安く付くのです。また高性能オイルは燃費に直結してくるので燃費の向上に一役買っていただけると、トータルでかなりお安くなるという感じです。

どうです?お役に立てました?良かったら参考にしてみてください。
今後いろいろなメンテナンス知恵袋を発信していきますので参考にしてみてください。



スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア    ジャンル : 車・バイク

  « LLC冷却水について  あちゃ~ »

Comments

• オヒサです!
ろーパパくん、オヒサです!
しんちゃんのアストロ日記、コメントありがとう!
しかもリンクまでしてくれてるし(^^)
これからもちょくちょく覗くんで、よろしくです!!!
あと、沖縄、たいへんやったね。
みんな無事でなによりです!
また会いたいね!
末永くよろしくです!!!
こちらこそお久です^^
ほんっとにまた会いたいね^^

またイベントなどあれば顔出して行きたいです!!
アストロはまだないかも・・

こちらこそ末永くよろしくです

Leave a Comment

10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Ryo

Author:Ryo
みなさん こんにちは‼︎(o^^o)
車とバイクとアウトドアが好きで出来る事は何でもDIYするパパです(o^^o)
日々DIY勉強中の身でありますので良かったら覗いてコメントでもいただけるととってもうれしいです(^0^)
DIYに関することを軸にUPしていきますので、どうぞよろしくおねがいします^^

■当ブログはリンクフリーになっておりますので、リンクご希望の方はコメント欄にメッセージを残してもらうなどしていただければ、こちらもリンクさせていただきますので、よろしくお願いいたします^^

■また、記事内の工賃や交換方法は必ず保障できるものではございません、実際とは異なる事もありますので各自 安全第一にて作業を行ってくださいますようご了承よろしくお願いいたします^^;。

RISE BOX accseeries








FC2カウンター
フリーエリア
 
QRコード
QR
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。